「ほっ」と。キャンペーン

アウトドア日記


by nari0000000000

南アルプス釣行再び


日程:2010年7月24日(土)~2010年7月25日(日)

とにかくヤマトイワナが釣りたいということでヤマトイワナの棲む渓へ。

先行者はいないか?水量はどうだろう?フライは何がいい?
何時にどの辺りを釣ってどこでビバークして明日はどこを釣って・・・

行きの車内ではみんなで色々話したが、どうせめちゃくちゃ釣れるでしょ
というところに落ち着いた。

まだ暗いうちにゲート到着。
先行者の車が既に停まっているし、何よりゲートが閉まっている!
予定していた源流部まではそのゲートからだととても歩けたものではないので
すぐに予定変更。地図を広げて別の林道(廃道?)を見つけ、そこから斜面に
それて入渓。


d0111124_11332258.jpg

出発

d0111124_11363352.jpg

忘れられた林道へ いい雰囲気だった

d0111124_11364737.jpg

いざ渓へ降りる


白濁する本流を遡上。さすが南アルプスの渓、この標高でこの水量か。
上流まで濁りが続かないか心配だがでかい岩がごろごろ、砂もたまっておらず
嬉しくなる。上流までずっと濁っていたとしても途中何本も沢が入っているので
そこを釣ればいい。

本流は開けていて歩きやすい。徒渉しにくそうなところもあったが、
じっくり流れを探せば渡れるところは必ず見つかった。


d0111124_11373847.jpg

白濁する渓

d0111124_11382476.jpg

janさんはへつって ULGさんと僕は対岸から


良さそうな沢を発見。さっそく釣ってみることにした。
janさん、ULGさんは下流、私は上流と二手に別れて入ってみるが反応がない。
一級ポイントを二つぐらいやってだめだったのであきらめて戻ってお二人と合流。

下流はけっこう反応あるとのこと。私もそこで竿を出してさっそく一匹釣る。
綺麗なヤマトイワナだった。キープサイズには小さいが、すいません。
骨酒のためにキープさせていただいた。


d0111124_11395395.jpg

沢の入り口


その沢に見切りをつけ一旦林道に上がりひたすら歩く。林道歩きは単調なので眠くなる。
歩きながらほんとに寝ていたらしく後ろから時々、janさんに起こされる。

途中、林道から川をみてみると白濁の原因となってる沢発見!二股に分かれた一方の沢から
完全にホワイトウォーターが差し込んでいる。もう一方の本流はクリアウォーター。
これは魚刺してくるでしょ!

ということでさっそく入渓。入渓点をビバーク地に決め、ビールを冷やしザックをデポ。
空身で釣り上がる。

青空の下、綺麗な流れに立って竿を振りフライを流す。元気なイワナが飛び出してくる。
頻繁ではないけども。でも嬉しいじゃないか!釣りをやっていて本当に良かったと思える瞬間だ。


d0111124_11422686.jpg

空は青い

d0111124_11431265.jpg

元気に飛び出すイワナくん


晩ごはんに食べる分だけのイワナをぶらさげyrビバーク地に戻る。


d0111124_2295558.jpg

ビリー缶で米を炊く ULGさんの焚き火フォームはさすが豪快!


今晩はイワナづくしである。お酒の量も大量である。
大きな焚き火を囲って宴。イワナの刺身、なめろう、胃袋・皮のバターソテー、
そしてフキを入れたイワナのアラ汁。
イワナ料理はどれも美味いしビリー缶で食べるごはんは最高!ごはんがごはんが進む進む。


d0111124_11465044.jpg

刺身、卵、なめろうの三点盛

d0111124_11472655.jpg

胃袋・皮のバターソテー にんにく・鷹の爪で

焼き枯らしがちょうどよくなった頃に骨酒を頂く。人生初の骨酒である。
一口呑んで思った。「なんじゃこれは!」うますぎる。


d0111124_11485450.jpg

イワナの焼き枯らし

d0111124_11494686.jpg

明るい月夜

d0111124_11501196.jpg

焚き火


幻想的な月明かりの下、焚き火を囲って焼き枯らしを肴にこんなに美味しいお酒。
何も言うことなかった。「うまいうまい」とうるさいぐらい言っていたと思うけれど。

散々呑んで散々喋って、いつのまにかゴロ寝。暖かいしキルトで充分。
翌朝までぐっすり眠った。



かなり遅めの起床。もうお二人は準備をはじめている。僕も急いで支度。
といっても準備はとても簡単。竿にはフライをつけっぱなしだし、ザックに
行動食と鍋やストーブを詰め込むだけ。


d0111124_1151661.jpg

気持ちのいい朝


さあ釣るぞ。また僕が上流を釣らせていただいた。一級ポイントの連続。
期待も膨らむ。でも一向に反応がない。

これはこのあたりをすっ飛ばしてもっと上流にいったほうがよいのではないか?
そう提案しようとお二人のところに戻ると、janさんはバンバン釣れてるとのこと。
それを聞いたときの僕の心境をどう表現すればよいか。
例えるなら笑うセールスマンにドーーーンとやられた感じだった。

話を聞くに小さいポイントで出るのだそう。そっこうで作戦変更。するとほんとう
すぐに出た。

さっそく良型ヤマトが飛びついてきた。それからも高反応続きで昼ごはん分のイワナが
すぐに揃う。

昼ごはんはソーメンとイワナの刺身。最高。


d0111124_11524842.jpg

沢ソーメン 薬味はしょうがと茗荷

d0111124_11533440.jpg

胃袋も刺で 食感がたまらない 珍味


なかなかうまくまとまらなかったけれど、とにかく楽しい釣行だった。
綺麗な川にイワナがいて、それを釣って食べて、お酒を飲んで、焚き火囲って
尽きることない話をして。またこのメンバーで釣りにいきたいと心から思った。


d0111124_22122582.jpg

なんとか明るいうちに戻れた

d0111124_11562789.jpg

帰りはつるつるの温泉へ

最後にイワナの胃袋の中身についてだが、1日めはほとんどがカナブン、2日めはほとんどアリ。
日によって食べているものが全く異なっていた。これには驚いた。できれば胃袋に合わせた
フライを使いたい。
[PR]
by nari0000000000 | 2010-07-28 11:56 | フライフィッシング