アウトドア日記


by nari0000000000

沢納めの会(2回め)

2010年10月9日(土)~2010年10月11日(月)

昨シーズン最後から2回めの釣行。この前の週に沢納めの会をしようとみんなで集まったのだが、
沢を納めきれていないナッツさんと私の二人でその翌週、同じところに釣行。


d0111124_2345385.jpg

下流にあるダム 濁っておらず安心する


この辺りには何本もなかなかの規模の沢が走っているが、先ずは型を拝みたいということで、
前の週に入って最も調子の良かったH沢に入ることにした。

相変わらず魚影が濃い。時期も時期だし小雨もぱらついていたため、気温はかなり低かったと
覚えているが、いかにも岩魚が好きそうという底石がしっかりあって少し深くなってるところを
選んで毛鉤を浮かべていると、岩魚くん達はたいがいすーっと浮いてきて鉤を咥えてくれた。

すぐに何匹か釣ったがサイズはあまり大きくない。少し甘いかもしれないがキープサイズ
を20cmぐらいと決め、その夜食べる分の岩魚を数尾キープして小屋に帰った。


d0111124_2371933.jpg

小さくても元気な岩魚くん

d0111124_2381995.jpg

この手のサイズが多かった

d0111124_2310384.jpg

ナッツさんもすぐにゲット

d0111124_23103738.jpg

良かったのはこういう感じのポイント


夜は岩魚料理と鳥すきをつつきながら骨酒を飲みつつ、翌朝どの沢に入るかを相談した。
魚を捌くのもなめろうをたたくのも鳥すきも、みんなナッツさんがやってくれた。
ナッツさんは岩魚を捌くのがうまかった!


d0111124_2312375.jpg

鶏すきの材料

d0111124_2313294.jpg

先ずは鶏肉を炒めて

d0111124_23142194.jpg

蒸すこと数分

d0111124_2315347.jpg

次に野菜を入れて

d0111124_23161140.jpg

また待つ

d0111124_23164631.jpg

鶏すきの出来上がり

d0111124_23174084.jpg

岩魚の刺身となめろう

d0111124_2318336.jpg

岩魚の皮と胃袋のバターソテー にんにくと鷹ノ爪、醤油で


翌朝ゆっくり寝て、このエリアで最奥のK沢まで出かけてみることにした。地形図を見る限り
かなり堰堤が多いので少し不安だったが、すでに充分に釣りを楽しんでいたし、そこで
釣れなくてもまた昨日と同じ沢に入ればいい。
それに釣れない沢を知っておくこくと翌年この辺りに来たときに無駄足を踏まなくなる。


d0111124_23201998.jpg

ところどころ崩れている林道を通って

d0111124_23211494.jpg

下流は完全に濁っていたが、さすが最上流 薄濁り

d0111124_23251237.jpg

釣りはじめてすぐに晴れ出す


半信半疑で入った沢だが、この沢が大当たり!ある区間だけだが、ポイントと思われる
ところにはすべて魚が入っており、必ずといっていいほど出てくれた。それに釣れる型も申し分なかった。


d0111124_23254632.jpg

よい型がよく釣れた

d0111124_23261725.jpg

今回最大の泣き尺

d0111124_2332537.jpg

ナッツさんはテンカラで

初めて入った沢が当たると本当に嬉しいものである。釣れなくなるまで釣り上がって切り上げ、
この夜もナッツさんの岩魚料理づくしで宴会した。前の夜、骨酒にお酒を使い過ぎて、あまり
お酒が残っていなかったことだけが残念だった。


d0111124_23335489.jpg

焼き枯らし

d0111124_23342296.jpg

残り少ないお酒で骨酒

今年はこの沢にいつ入るか?あと半月で解禁である。
[PR]
by nari0000000000 | 2011-02-16 23:37 | フライフィッシング