「ほっ」と。キャンペーン

アウトドア日記


by nari0000000000

栃木源流

2015年4月25日〜26日

Kさんの案内で栃木の源流に渓泊釣行。栃木源流は初めての経験。栃木での釣行自体たぶん7〜8年ぶり。

釣行前日、会社を抜け出し渋谷サンスイへ。ドライシェイクは予備缶あるので買う予定はなかったものの、1缶だけ尺パッケージなるものがあったので思わず購入。

d0111124_111998.jpg


2〜3時間廃道を歩き、8時ぐらいから竿を出す。まだ水温冷たいからか、反応薄く、仮眠して水温高くなるのを待つことに。

d0111124_112364.jpg


1時間ぐらい寝て再開、Kさんさっそくの連発。私もそれに刺激され、一気に釣欲に火がつく。

パターンはある程度の深さで水流のないところ。良型の岩魚も出た。綺麗な水にふさわしい素晴らしい魚体の岩魚達。

d0111124_112427.jpg


幕営地に予定していた二股の到着がちょうどお昼時だったので、ささっと昼食を済ませ、農ポリを張って薪を集めて、本流筋の上流へ釣りに。

良い渓相続くが反応なし。先行者か、もしくはこの時期、調子良いのは短い時間だけなのか。よく分からない。

釣欲は充分満たされていたので、まだ日暮れまで時間はあったが、幕営地に戻る。

d0111124_112447.jpg

d0111124_112528.jpg


行きに採ったタラの芽の天ぷらとハリギリごはんの夕食。どちらも絶品。特にハリギリごはんのうまさには驚いた。コシアブラごはんに勝るとも劣らない。

d0111124_112695.jpg


焚き火囲って、もつ煮と塩ホルモンをご馳走になり、お酒をちびちびやって、最高の渓泊だった。

d0111124_112617.jpg


翌朝、本流筋は人が上がっていったので幕営地前の支流へ。二股からの様子では2時間ぐらいで釣り切ってしまいそうな規模に見えたが、予想を裏切りなかな奥深い。滑以外はずっと魚影濃く、渓相も魚体も申し分ない。

d0111124_112768.jpg

d0111124_112896.jpg


d0111124_112922.jpg

d0111124_112816.jpg

d0111124_112966.jpg


納竿ポイント。印象深い釣りとなった。底に定位して毛鉤になんとなく気付いているという様子を見せるものの、なかなか上がってこない。何度、毛鉤を流しても同じなので毛鉤を白泡に突っ込んで勢いよく流すと状況一変、ゆらゆらしてかなり気にかけてる様子に変わった。それを繰り返しているうちにどんどん上に上がってきて最終的にぱくっ。

釣り上げた岩魚は傷だらけ。厳しい環境を思わす魚だった。ささっと撮影しプールに戻す。この岩魚のことはずっと覚えているだろう。

d0111124_113291.jpg

d0111124_113057.jpg

[PR]
by nari0000000000 | 2015-04-29 00:49