「ほっ」と。キャンペーン

アウトドア日記


by nari0000000000

2015年最終釣行

尺神様は本当にいる。

前回この沢の釣行時、アプローチに使う林道にあるその祠をうっかり見逃し、手を合わせることなく入渓。結果、尺ゼロ。

今回の釣行ではその祠の前でしっかり二礼二拍手一礼。結果、尺三連発。同行の師匠Sさんに37cm激太岩魚という最終釣行としてありがたすぎる釣果を授かった。尺神様の存在を信じざるを得ない。

私はこの日が不発に終われば、下山後どこかで宿をとり、次の日も釣行するつもりでいたが、大満足の結果となり、この日で納竿。

東京に帰り、有終の美を祝って美酒と美肉を味わい、今年の釣りを振り返った。最高のシーズン締め括りとなった。

この釣行で面白かったのは、最後のプール。Sさんはそこで何度も尺上を上げており、期待も膨らむ。

水量はやや多め。先ずはSさんが12番イワイイワナを主流に何度も流すが出ない。

その後、私はそれまで使っていた12番アントを10番カディスに付け直し交代、一投目で尺一寸が派手に出た。

その後、主流ではない、落ち込み横の小さなポイントを何度も流していたSさんに激太37cm。

それまで調子のよかったイワイイワナに出なかったのに、デカカディスで一発というのは興味深い出来事だった。また主流の大きなポイントよりも小さなポイントの方にデカい魚が入っていたことも興味深かった。

来季は10番とは言わず8番カディスも持ち歩こうと思う。水量多めだとかなり有効なのだろう。

あと、小さなポイントでもそこに確信を持ったら、しつこく流す。水量が多かったらやはり岩魚はそう簡単に毛鉤を見つけられないのだろう。

最終釣行、色々と次につながるものとなった。

d0111124_20013602.jpg


d0111124_19135776.jpg

32cm。そのサイズでも雌なので顔がかわいい

d0111124_19135819.jpg

ギリ尺岩魚 釣ったというより釣れていた。
合わせていないのにバレずラッキー。

d0111124_19135846.jpg


d0111124_19135974.jpg

最終プールでの33cm。
手前バラししてしまったが、じっとしていたのでランディングネットですくって撮影。

今年出会った全ての岩魚に感謝、同行して頂いた全ての釣友に感謝。

これから暫くもぬけの殻状態となることが予想されるが、来年に向けて早めに、ゆっくり準備していこうと思う。

[PR]
by nari0000000000 | 2015-09-26 17:00