「ほっ」と。キャンペーン

アウトドア日記


by nari0000000000

カテゴリ:テレマークスキー( 4 )

根子岳B.C.

2月6日(土) 峰の原高原スキー場
2月7日(日) 根子岳(避難小屋まで)

d0111124_044833.jpg


先週の土日は一人で峰の原へ。土曜は悪天のためリフトが止まり、あまり練習できなかった。

夜、ペンションでご一緒したKさんに誘われ、翌日に根子岳にいくことになった。
僕はゲレンデでもろくに滑れないのでオフピステなんて無理と最初辞退していたのだが、
この日泊まられていた方々みんなでいくというので、やはり僕も行きたくなり連れていって
もらうことにした。

翌朝8人で出発。僕はもともとこの日もゲレンデのつもりだったので食べ物は持っていなかった。
水を入れるものもないので、自販機でゲータレードを2本購入。

須坂青年の家の横でスキーシールを取り付け入山。視界はあまり良くないので行けるところまで
というとでトレースを辿っていく。

ゲレンデの音楽がどんどん遠ざかっていくにつれ、ああー山に入っていくのだなと気分も
楽しくなってくる。

d0111124_025796.jpg


ゴルフ場の中でトレースが消えたため、みなで交代しながらラッセル。
僕もラッセルしたが、スキーを履いててもやはりラッセルは大変。
薄手の手袋を持っていなったので、グローブ内は汗でぐっしょり。
やはり登りに薄手グローブは必携。休憩時に飲んだゲータレードの美味さが忘れられない。

ゴルフ場から登山道に出てからはしっかりした道だった。ここからは人も多かった。

避難小屋に着いて昼食。僕が食べ物を持っていないということで、みなさんから
パンやクッキーやチョコレート等、色々いただいた。
何も持ってきていない僕が一番腹膨れたのではないか、、

昼食を終えるといい時間だったので、山頂は目指さず小屋前から登ってきた方面へ
滑降しようということになった。

まずはKさんから。うまい!続いたAさんもすごいうまい!
そしてパウダーの中でテレマークターン、かっこよすぎる!

僕はゆっくりボーゲンで降りようとするが、かなりふわふわでどう体重を乗せていいか分からなく、
迷ってるとすぐ転んでしまう。しかも一度転んだらふかふかすぎてなかなか起き上がれない。

なんとかみなさんの待ってるところまで滑っていって、次はゴルフ場のほうへ。
吹き溜まりがたくさんあり、何度か吹き溜まりにはまってしまう。
胸まで浸かってしまい、アリ地獄のようだった。

最後までゲレンデ内を通ることなくペンションに到着。ビールが最高に美味かった。

初めてのオフピステであったが、とにかく何もできなかったのが悔しい。
テレマークターンなんてまだ先の先の先と感じた。
でもああいうふわふわなところを自由に滑り降りれたらどれだけ楽しいものかと思った。

何より思うことは、こんな初心者の僕をツアーに参加させてくれ、待たせまくったり
したのに、親切にアドバイスなどしていただいたみなさんに本当に感謝である。
みなさん、なんか余裕あるし優しいし、僕もこんな大人になりたい!と思わされた。
もう充分大人の歳だが。

滑降コースのマイマップ
[PR]
by nari0000000000 | 2010-02-12 00:08 | テレマークスキー

峰の原高原スキー場

日程:
1月16日(土)
1月17日(日)

メンバー:STNさん、私の2人

d0111124_1325231.jpg


三度めのスキー。今回こそ緩い斜面でテレマークターンを目標に
峰の原高原スキー場へいってきた。

ようやくテレマークターンのやり方が分かってきた。

・体重が後ろ足に乗らない
・思う方向に曲がらない
・板が平行にならない

が問題点だったが、レッスンで完全にしゃがむまで腰を落として
ターンする練習をしたことで後ろ足に体重が乗るようになった。

曲がらなかったのは曲がる方向に顔を向けていなかったことが
原因だった。一番腰を落とした段階で次の進行方向に顔を向けると
自然に曲がるようになった。

板が平行にならないのは下を向いていたことが原因だったようだ。
下を見ることで前足に体重がかかっていた。
顔を上げ気味にすることで板が平行になりやすくなった。

あと、曲がる方向側のストックに意識を集中すると、曲がる方向に
体が傾きやすくうまくいくことが多かった。

ああー、早くスキーにいきたい。。


d0111124_134526.jpg

根子岳
[PR]
by nari0000000000 | 2010-01-21 01:35 | テレマークスキー

峰の原高原スキー場

d0111124_2336112.jpg


メンバー:Wさん、私の2人

12月29日(火)
12月30日(水)

人生2度めのスキー。前泊しているWさんとゲレンデで待ち合わせる。

ペンションからゲレンデに出るだけで何回も転んだので、
さあこれからという時点でヘトヘト。

前回、転びまくった中級コースを連続で滑る。中級コースはまだ怖く、
テレマークターンの練習どころではないが、まずは恐怖心をなくすことから
と思ったため、この日は中級コースでプルーフボーゲンの練習に徹する。

Wさんに良いアドバイスを何度ももらった。たくさん動画も撮ってもらって、
どんどん滑れるようになっていく。

自分の滑っている動画を見て、おかしいところを治していくのはかなり有効っぽい。
これでだいぶへっぴり腰が治った。

翌日、朝からWさんとテレマーク講習。初級コースでもやはりテレマーク姿勢
は難しい。講習でもいろいろコツを教わったのでタメになった。

この道は相当長くなりそうな予感がした。いつかバックカントリーで粉雪
舞い上らせてテレマークターン決められるよう、地道に練習するしかない。

上田駅前の居酒屋でWさんと信州の食べ物をつまみつつ一杯やって、上田駅でお別れ。
僕は翌日からの南アルプス正月山行のため甲府に向かう。

甲府のホテルでNさんと待ち合わせ、僕の部屋で軽く打ち合わせ。
その後、コンビニはしごして食料買い込んでいるとすっかり夜遅くなり、
時間がかかったのでほとんど眠れなかった。


d0111124_2317860.jpg

ペンション前にて 雪と遊ぶ子供
[PR]
by nari0000000000 | 2010-01-09 23:36 | テレマークスキー

峰の原高原スキー場


d0111124_23285679.jpg


メンバー:STNさん、私の2人

人生初のスキー。いつかテレマークでなだらかな山をいくつも越える
ワンウェイの旅がしたく、まずはテレマーク講習を受けてみることにした。

登山店やネットでテレマークのスクールを探してもなかなかスキー未経験でも
OKのところが見つからなかったのだが、峰の原のT.M.N.さんに電話してみると
未経験でもOKとのことで、お世話になることになった。

この日はスキー場オープンの日だったが、人はまだら。こけまくりだったが
あまり周りに迷惑かからなかった。

2日めの最後のほうになって、中級コースにいってみたが全然ダメ。こけまくるし、
何度も頭から新雪に突っ込んだ。

まだ、スキーのスの字も分かっていない段階だが、今後テレマークし続けることになると思った。
[PR]
by nari0000000000 | 2010-01-09 23:29 | テレマークスキー