アウトドア日記


by nari0000000000

<   2008年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

谷川岳

メンバー:Wさん、Nさん、私の3人
行程:
12月20日(土)
 17:23土合駅→駅前テント泊

12月21日(日)
 7:00土合駅→7:20土合口8:00→ロープウェイ→天神平→
 避難小屋→大休止→天神平(昼食)→バス→水上駅

d0111124_1712442.jpg


初日は登山はなし、駅前に泊まるだけの予定だったので普通列車でのんびりいった。
土合駅に降りたのは僕一人だけ。いくつもの本に登場し前々から見てみたいと思っていた
462段の階段がすぐに現れた。
クライマーズ・ハイの冒頭もここからはじまる。主人公悠木になりきって
登りはじめる。200段登らぬあたりから息も荒くなる、300段までがんばって
ベンチに座って一休みした。
帰ってからクライマーズ・ハイの冒頭を読み返したが、悠木も300段で休んで
いた。また、ここで息が切れるようでは魔の山に入る資格はないとあったのが
印象的だ。

登りきって駅の外へ出てみたら誰もいなかった。土合駅前は登山客がテントを張っている
と聞いていたが、一張りもなかったのでどこに張ってよいものか分からず、とりあえず
一杯やりながら後から来るWさん、Nさんを待つことにした。
駅前の広場にリッジレストを広げて寝転び、雪で缶ビールを冷やして飲んでいた。
気温は0℃近く、当たり前だが冷たいビールは体が冷えた。

しばらくすると駅の中や駅前にテントを張る人が出てきたので、僕も設営することにした。
Wさん、Nさんが着いてからはテント村で宴会。Wさんからいただいた
フライパンで炒めたソーセージと玉ねぎがかなりうまかった。今回コッヘルは
大小2個を持参したが、次回山行時にはコッヘルは小さいの1個だけとし
フライパンを持参するようにしたい。そして、玉ねぎと肉やソーセージを炒める。

夜はインナーダウン上下を着込み、-16℃対応のシュラフで寝た。
まったく寒くはなく快適だったが、なぜか何度も目を覚ました。寝不足続きだったため
ぐっすり寝たかった。

翌朝6時起床。カップヌードルと紅茶で簡単に朝食を済ましテント撤収。
テントはバリバリに凍っていた。7時出発、土合口のロープウェイ駅まで歩く。

駅のロッカーにシュラフやテントを預けて荷物を軽くし、いざ谷川岳へ。
天気は抜群、青空の下真っ白な雪をみるとテンションが上がった。
尾根は歩きやすく、避難小屋まではつぼ足でも全然平気だった。
避難小屋からはミックス地帯もあったためアイゼン、ピッケルを使った。

展望のよいところまで出て頂上までいくかどうか相談。
今回の目的は頂上ではなく、新調したアイゼン、ピッケルなどの道具類を試すことに
あったので、時間も時間だし無理して登らず大休止して下山することにした。

d0111124_1743853.jpg


リッジレストを雪の斜面に広げ、雪上ソファーで紅茶を飲みゆっくり休んだ。
今までスリーピングマットは膨張式のものばかりを使ってきたが、リッジレストはいい。
かなりかさばるが、休憩時にぱっと取り出せて、丸めるだけで簡単にしまえるのは
大変便利である。

d0111124_1723829.jpg

d0111124_1733077.jpg


下山後は天神平駅から水上までバスに乗り、ホテルじゅらくの温泉に浸り、帰りも
普通列車でお酒(谷川岳)を飲みつつのんびり帰った。

d0111124_176822.jpg


d0111124_1762756.jpg

[PR]
by nari0000000000 | 2008-12-26 17:15 | 山歩き

鷹ノ巣山

メンバー:Hさん、Hさん、Eさん、私の4人
行程:
11月29日
10:20東日原登山口→11:20稲村岩→14:30鷹ノ巣山山頂→15:20鷹ノ巣山避難小屋(昼食)→18:30峰谷橋

d0111124_16405397.jpg


中野から電車に乗り込むと大勢の登山客でにぎわっていた。
鷹ノ巣山へも混むかと思ったが、多くの人が途中下車して奥多摩駅に降りる
登山客はそう多くなかった。

バス発車まであまり時間がなかったため、大急ぎで駅近くのスーパーで食材を買い込み、
東日原行きのバスに乗り込む。
バスでも途中下車する人がほとんどで終点の東日原に降りたのは我々と数人だけだった。

雲はどんよりしていたが、明るいところも少しあったので、天気を期待しいざ出発。
ゆっくりペースでまめに休憩をとりつつ登った。
歩いているときはすぐに暑くなり、休憩するとすぐ体が冷えた。体温調整が難しい。

ピーク近くになると雪が残っていた。多いところで30cmぐらいか。雪玉を作りながら登るのが楽しかった。

空は依然曇っており、上のほうはガスがかっている様子のため展望はあきらめていたが、
我々がピークを踏む直前に急速に晴れていった。15分、20分早く着いていれば
視界なしのガスの中だと思うとかなりついていたと思う。

d0111124_14133317.jpg


d0111124_14141135.jpg


寒いので頂上には長居できず、腹も減っていたのですぐに避難小屋に下山。
避難小屋の外でキムチ鍋を作る。ストーブの風防がなかったためテーブルで調理できず、
風のない小屋入り口横のベンチで食べる。次回山行時、絶対風防は持参する。
山で食べる鍋はやはり格別美味い。特に豆腐は体があたたまってよかった。

d0111124_1642688.jpg


d0111124_16414861.jpg


日も暮れだしたので急いで下山。下山したころには真っ暗になっていた。
暗いため、峰谷のバス亭へは近道を使わず林道をつかった。車道歩きがかなり長かったため、
バス亭についた頃にはへたへたになった。しかも峰谷の終バスは終わっていた。
峰谷橋のバスはまだあるようだが、歩く気力ないのでタクシーを呼んで、直もえぎの湯までいってもらった。
もえぎの湯には本日終了の看板がたっていたが入れてくれた。人の少ないもえぎの湯に入るのははじめてだ。ゆったり入れたしよかった。

湯から出た後、駅前の餃子屋へ。餃子もうまいが、レバカツもうまかった。
帰り際、常連ぽいお客さんから「また来てね」と言われた。料理も雰囲気もよいお店だ。
次の奥多摩時もこの餃子屋でしめくくる。
[PR]
by nari0000000000 | 2008-12-14 14:16 | 山歩き