「ほっ」と。キャンペーン

アウトドア日記


by nari0000000000

<   2009年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

白馬三山

d0111124_1944725.jpg


メンバー:STNさん、私の2人

行程:
9月19日(土)
7:20猿倉→8:25大雪渓→14:00白馬宿舎→昼食→16:00白馬幕営場16:40→
17:20白馬岳山頂→18:00白馬幕営場

9月20日(日)
10:30白馬幕営場→12:00白馬鑓ヶ岳山頂→昼食→14:10天狗山荘

9月21日(月)
8:00天狗山荘→10:40鑓温泉→入浴→13:50猿倉

初めての北アルプスというSTNさんと白馬へ。大雪渓から登ることにした。

私が初めて北アルプスに入ったのは何年前だったか。良い天気で
河童橋から見る穂高の山々のデカさに驚き、涸沢から見る山のデカさ
にまた驚き、星だらけの空に感動したのを覚えている。

初めてなら尚更、ぜひ晴れてほしいと願っていたら、最高の天気続き
の3日間となった。

1日め、夜行列車で白馬まで行き、すぐにバスに乗り込む。
さすが大型連休初日、バスは満員。猿倉の山荘前は大勢の人で
賑わっていた。

美しい山肌を眺めながら大雪渓までゆっくり歩く。大雪渓前で一息いれ、
軽アイゼン、ショートスパッツを装着する。

今回、私の足回りはモントレイル ハードロックのローカットに
モンベルショートスパッツとカジタックスの4本爪軽アイゼン。
カジタックスRX-4はわずか160g、装着も一瞬。
無雪期であればこれで充分、しばらくこの3点セットでいくつもりだ。

さすが雪渓上はかなり冷える。上着を羽織らないと寒い。


d0111124_18385072.jpg

大雪渓前の小屋で一息 山肌が綺麗

d0111124_1841473.jpg

大雪渓登るSTNさん

d0111124_18425075.jpg

大雪渓の割れ目


白馬の小屋前でカップヌードルの食事。この日は天狗までいく予定であったが
疲れていたのでここ止まり。この日はテントを設営して白馬岳を往復すること
にする。


d0111124_1846961.jpg

白馬の小屋までもうすぐのところ

d0111124_18485534.jpg

白馬の小屋前から


テントを設営し、1時間ほど寝てから白馬岳山頂へ。山頂は素晴らしい景色。
夕日に染められた雲海が見事であった。


d0111124_20535082.jpg

山頂の方位盤(?)

d0111124_18523148.jpg

白馬岳山頂から1

d0111124_1913648.jpg

白馬岳山頂から2

d0111124_18585622.jpg

白馬岳山頂から3

ヘッドライトを頼りに幕営場まで下山し、キムチ鍋の準備。
じゃがいもの皮を剥くのがめんどくさい。風があり、ゆっくり鍋を食べることは
できなかったが、とにかく美味かった。

次の日は天狗までと短い行程なので、夜行列車での寝不足を解消すべくゆっくり
寝ることにした。満腹だし熟睡した。


2日め、昨日の残りの鍋で朝から満腹。依然、素晴らしい天気である。
稜線からは剣や立山もくっきり、気分も楽しくなる。


d0111124_195285.jpg

白馬の幕営場

d0111124_1964423.jpg

キムチ鍋

d0111124_19101594.jpg

稜線に上がる

山頂にこだわりないので杓子は踏まず巻き道を使う。白馬鑓山頂で
昼食とする。山頂は360度大展望。
ここから見る白馬岳はなんとかっこよいことか。この眺めの中、
カップヌードルカレーの昼食は美味すぎ。ゆで卵があれば言うことなかったが。


d0111124_19162160.jpg

白馬鑓山頂から白馬岳

d0111124_19215180.jpg

白馬鑓山頂から天狗岳

d0111124_19191580.jpg

カップヌードル

天狗の小屋まで下り、テント設営。夕方、稜線に上がって夕暮れの景色を眺め、
小屋の自炊室で夕食。単独行のおじさんと同席し、色々山の話をして
楽しい夕食だった。

「今まで登った山で一番良かったのはどこか?」
おじさんから聞かれたが、この質問は最近よく聞かれる。つい先日も
小海線に乗っていると赤岳帰りのおじさんに聞かれた。
答えが難しい。
このときもあいまいな答えしかできなかった。どこだろう。

感動した思い出を振り返る。

初めて大キレットをびびりながら越えて槍から下山後、槍沢からの眺め。
ずっと雨続きの中を常念縦走、最終日の夕方になってやっと晴れて蝶から
見た雲海に浮かぶ穂高連峰。
今夏、嵐の後の晴天で雲海に浮かぶ後立の山々。

感動した景色は他にもあるけれど、どれもその過程でちょっと苦労したものばかりだ。
苦労して報われた景色に感動するのかもしれない。どれが一番かはやはり難しい。


d0111124_19261968.jpg

夕方、天狗の稜線

d0111124_2055968.jpg



d0111124_1931760.jpg

夕日


3日め、予定では不帰の嶮を越える予定であったがそれはまたの機会とし、鑓温泉に
下山することにした。

鑓温泉、昼間だからだろう熱すぎた!気持ちよかったが。夜にちょうどいい湯温に
なってから入りたい。

鑓温泉のテント場は露天風呂から近すぎる。ここでテント泊し、何度も湯に入って
飲むのは最高だろう。ぜひ今度、大量に日本酒をかついで登りたい。
今度はここから不帰を越えたいが、冬に温泉だけ入りに来ようかとも思う。


d0111124_1941422.jpg

鑓温泉への分岐 剣がくっきり

d0111124_1938271.jpg

鑓温泉への下山時 紅葉も少しはじまっていた

d0111124_1935713.jpg

鑓温泉のテント場


猿倉でおにぎりを一個食べ、夕食は松本まで我慢。

松本の萬来で山賊焼き、馬刺しを食べる。この日は混んでいて少し並んだが、
待った甲斐あり、美味かった。

松本からSTNさんは最終あずさで東京へ。私は大阪の実家に帰る予定。
高速バスを予約しにいくもあいにく満席、最終の特急は名古屋までしかなく、
とりあえず名古屋まで行って近鉄に乗り換えた。津まで最終列車でいってビバーク。
翌朝、始発に乗り普通電車で大阪へ帰った。
[PR]
by nari0000000000 | 2009-09-27 19:44 | 山歩き

天狗岳・根石岳

メンバー:SKNさん、MGSさん、STNさん、私の4人

行程:
9月5日(土)
11:20渋ノ湯→14:15黒百合ヒュッテ

9月6日(日)
6:10黒百合ヒュッテ→7:15天狗岳山頂→8:00根石岳山頂→8:50夏沢峠→
10:00本沢温泉11:00→12:10みどり池→13:15稲子湯

会社の人達と前々から計画し八ヶ岳へ。天気はまずまず。

新宿駅のホームは大勢の登山客で賑わっていた。あずさ1号はかなり混んでいる模様。
我々は7時より少し後のあずさで茅野へ向かった。

茅野駅のみやげもの屋で真澄のワンカップ、ふき味噌、胡瓜を買い、
駅前のモールに入っているパン屋でパンを買う。

新宿駅の様子から渋ノ湯までのバスも混むかと思っていたが、
茅野駅に降りる客はまばら。バスは案外空いていた。

良い天気の中、渋ノ湯から黒百合ヒュッテへ向かう。
苔生した感じがいかにも八ヶ岳っぽい。昨年末、天狗にきたときもこの雪道を
下山したことを思い出す。


d0111124_17434546.jpg

黒百合に向かう林道

d0111124_1746596.jpg

仰げば青空


黒百合ヒュッテ前は大勢の登山客でにぎわっていた。少しガスってきて肌寒い。
とりあえずビールで乾杯し、宿泊の受付を済ます。
いくらか忘れたが少しの割高で個室に泊まることができるということで、個室に泊まることにした。

個室に荷物を運び、胡瓜にフキ味噌をつけて真澄を飲む。生野菜が美味い!

夕食まで時間があるので、ガスっていて展望は期待できないが散歩がてら中山まで
いこうとすると、小屋の人が小屋前の丘のほうが展望期待できるとのこと、
そちらにいってみることにした。

登ってみたが雲で展望はあまりよくなかった。しかし明日目指す天狗岳は拝めたし、
ここまできてやっと高い所に来た感じがしてよかった。


d0111124_17513658.jpg

黒百合ヒュッテ前の丘から天狗岳


小屋に戻ると、もう晩ごはんの時間が過ぎており、僕らが最後とのこと。ずっと待たせて
しまっていた。小屋の人に謝って、食事をいただく。

翌朝5時ぐらい起床。準備を整え、いざ天狗岳へ。

視界が広がるとやはりテンションが上がる。小海側はガスっていて
展望はないが、景色はなかなかのもの。


d0111124_17563344.jpg

視界広がる

d0111124_17573156.jpg

目指す天狗も近くなる


天狗岳山頂に着き一休みし、さっそく根石岳へ。やはり稜線歩きは気持ちがいい。

根石小屋で水を汲み、夏沢峠に向かう。ここからは樹林帯だが、雰囲気よいので
樹林帯歩きといえど楽しい。


d0111124_18109.jpg

天狗と根石の間1

d0111124_1831389.jpg

天狗と根石の間2

d0111124_1852812.jpg

根石の小屋から


夏沢峠で硫黄岳に登るか下山するか迷う。山頂はガスで展望なさそうだし、
あまり遅くなるのもあれなので、下山することにした。

本沢温泉でゆっくり昼食。カップヌードルカレーに前日コンビニで買った
ゆで卵を入れて食べる。やはりカップヌードルカレー&ゆで卵、美味すぎる。


d0111124_1884860.jpg

本沢温泉前で カミキリ虫


本沢温泉からはみどり池経由の道で帰った。以前、稲子登山口への道を
歩いたことがあるが、こちらのほうが変化に富んでいてよい。


d0111124_1811046.jpg

みどり池への林道

d0111124_18133488.jpg

綺麗な湿地帯だった

d0111124_18154597.jpg

みどり池


稲子湯に着くころにはへとへと。温泉が気持ちよかった。

小海から小淵沢に出て、焼肉屋を探したが、観光案内所に聞いたところ
駅近辺に焼肉屋はないとのこと。タクシーで但馬屋幸之助という店にいく。

但馬牛、美味い。肉も美味いが野菜やワインが美味いのもよかった。
タクシーは1000円かからないし、小淵沢駅前で肉を食べれるところが
ないとなると、ここは小淵沢から帰るときの定番となりそうである。
[PR]
by nari0000000000 | 2009-09-27 18:16 | 山歩き