「ほっ」と。キャンペーン

アウトドア日記


by nari0000000000

<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

雲取山

メンバー:Nさん、私の2人

11月14日(土)
14:00サヲウラ峠登山口→16:00サヲウラ峠→18:00三条の湯(幕営)

11月15日(日)
6:50三条の湯→9:30雲取山山頂→9:50雲取山荘→12:40大ダワ・日原分岐点
→14:45東日原

d0111124_2352450.jpg

日原の紅葉

週末、天気が悪ければジムにでもいって過ごそうかと思っていたが、
天気予報をみると土曜午後から日曜にかけては晴れのようだったので、
久々にNさんと奥多摩へ。

午前中は雨のため、午後から奥多摩駅で待ち合わせた。
丹波の登山口に着いたのは14時ぐらい。雨もやんで清々しい気持ちで出発。


d0111124_22552018.jpg

サヲウラ峠へ

d0111124_2256466.jpg

すごい色のきのこ

d0111124_22571161.jpg

サヲウラ峠


サヲウラ峠あたりから濃い霧に包まれる。日も翳りはじめ、視界がだいぶ悪くなる。
熊が怖いので、ザックにつけていた熊鈴を手に持ちかえ、大きい音を鳴らせて歩く。
時々、Nさんに笛を吹いてもらった。

日没前から暗く、ヘッドライトをつけて歩かねばならなかった。
暗くガスがかった樹林帯はけっこう怖い雰囲気で、逢魔時は魑魅魍魎の世界という
感じだ。

完全に暗くなってしまえばあまり怖さは感じなかった。心細さは残るものの、
ナイトハイキングを楽しんだ。

三条の湯の小屋の明かりが見えたときはほっとした。
小屋の前に着いて、人の声を聞き、湯を沸かす煙をみるもはいいものだった。

テントを設営して、さっそくお風呂へ。暖かくて気持ちよかった。
湯船から窓の外をみると星が出だしていた。

テントサイトに戻り、星空の下、夕食の準備。奥多摩駅で買ったきゅうりを刻んで
いると、Nさんがパストラミビーフとチーズのサンドイッチを作ってくれた。
それにきゅうりもはさんでいただく。むちゃくちゃ美味い。

コンビーフとやきとりの缶詰をおつまみに、缶ビールと澤乃井を飲んで、
ぐっすり寝た。


d0111124_2258524.jpg

パストラミサンド

d0111124_2259593.jpg

男のつまみ、コンビーフきゅうり


翌朝6時過ぎに起床。すぐに紅茶を沸かして体を温める。さっとテントを片付け出発。
今回、スリーピングマットは膨張式のはやめ、リッジレストにした。
やはりリッジレストは準備も片付けも楽でいい。かなりかさばるけど。


d0111124_231256.jpg

いざ、雲取へ

d0111124_2323062.jpg

三条のテント場、となりのMSRのテントがかっこよかった


雲取山頂は素晴らしい景色。富士山も少し霞んでいるが綺麗。
素晴らしい展望だが、いかんせん風が強く体が冷える。
山頂へは10分もおらず、すぐ下山することにした。


d0111124_2334260.jpg

山頂付近より、富士山

d0111124_23581476.jpg

山頂より


田部重治レリーフで記念撮影し、雲取山荘前で休憩。山荘の人に日原の紅葉が
綺麗と聞き、三峰へ下山か日原へ下山か迷っていたが、日原へ降りることにした。
東日原のバス停はかなり混んでいた。


d0111124_23491910.jpg

田部重治レリーフと

d0111124_2351626.jpg

大ダワ林道を下山

下山後は奥多摩駅前の餃子屋「天益」へ。やはりここの餃子とレバカツは美味い。
常連さんとの会話や主人の駄洒落がおもしろかった。

食後にもえぎの湯にいくとかなりの車の列だったので、別の温泉へ寄って帰路についた。

また近いうち奥多摩いって帰りに天益に寄りたい。
[PR]
by nari0000000000 | 2009-11-16 23:09 | 山歩き

鷹ノ巣山

メンバー:STNさん、MGSさん、私の3人

11月10日(火)
10:50東日原→15:00鷹ノ巣山山頂→15:50鷹ノ巣山避難小屋

11月11日(水)
11:30鷹ノ巣山避難小屋→12:40峰谷登山口


d0111124_2252235.jpg

峰谷の紅葉


天気が崩れることは予報で分かっていたが、山頂までもってくれればよいと思い、
3人で奥多摩へ出かけた。

東日原のバス停を降り空を見上げると、青空に飛行機雲。
おばさん二人が「飛行機雲が出ると天気崩れる」と話していた。

稲村尾根をいく。急坂がきつい。稲村岩を越えたあたりから
ガスが出てくる。やはり山頂まで天気は持たなかったか。

休憩時に「ヤッホー」を大声で叫ぶ。ちゃんとこだましてくれた。
普段の生活ではあまりないことである、大声を出すって気持ちいい。


d0111124_22434734.jpg

登山口から入ってすぐのあたり

d0111124_2244398.jpg

雲行き怪しくなる


鷹ノ巣山山頂は完全にガスの中。ここからの眺めは好きなのだが。
天気のことなので仕方ない。
気温計は1.5℃を差していた。寒いのですぐに避難小屋へ下山。

d0111124_22455752.jpg

山頂1

d0111124_22463748.jpg

山頂2


避難小屋は予想通り、誰も居らず。時間からしてこれから誰か来るということも
なさそうだし、広く使わせていただく。

とりあえず荷物を降ろし、ビールのつまみを準備。
最近どはまり中の生ハムアボガドチーズとサーモンクリームチーズオリーブの
2種のクラッカーを作る。そして、缶ビール。やはりこのクラッカー、美味すぎる。

クラッカーで腹を落ち着かせたところで、鍋の準備にかかる。

今回はちゃんこ鍋であるが、作り方は本屋で立ち読みした飛田さんの
鍋の本を参考にした。

昆布とあごを水にひたして1時間おいてから、中火で昆布に泡がつき
だすまで煮て取り出す。

味は鶏がらスープの素と能登の塩、しょうがとにんにく、
あと醤油を意味ないぐらい少しとお酒(澤乃井)少々の塩味とした。

具材は鶏肉、豚肉、長ネギ、白菜、キノコ類で、ゆず胡椒で食べた。

むちゃくちゃ美味かった。鶏だんごが欲しいところだったが、それは
また次回。

鍋を囲って、澤乃井を飲んで、楽しい宴だった。


d0111124_22482520.jpg

塩ちゃんこ鍋


鍋を食べていると、小屋の壁を動物がひっかく音が聞こえてきた。
音からしてそう大きな動物ではなさそうだが、ひっかいている位置からすると
けっこう体長がありそう。かなりびびりながら小用に外に出てみたが、
ガスが濃く、周りは何も見えず。

夜中もその音で何度か起こされた。気になるので耳栓をして寝た。

翌朝起きてからMGSさんが足跡らしきものを発見。けっこうでかかった。

あれはなんだったのだろう、はじめ狸と思っていたが、狸にしては
足跡がでかすぎる。犬なら吼えるだろうし。鹿は壁をひっかくなんてしないだろう。
熊だったのだろうか。だったら怖い。

小屋でゆっくり雨が弱まるのを待ったが、弱まる気配なかったので
午前中のうちに峰谷への道を下山。


d0111124_22505369.jpg

下山、もみじは散っていた

峰谷のバスはほとんどなくかなり待たねばならなかったので、タクシーを呼んで、
もえぎの湯までいってもらった。

温泉後は駅前の餃子屋「天益」で一杯。餃子も美味いが、レバカツも
美味い。

よく飲んでよく食べたので、帰りはぐっすり寝て帰った。
[PR]
by nari0000000000 | 2009-11-16 22:52 | 山歩き

奥鬼怒野湯行

メンバー:STNさん、私の2人

行程:
11月2日(月)
12:20湯沢林道入口→14:40広河原

11月3日(火)
13:00広河原→14:30湯沢林道入口


d0111124_22335510.jpg

湯沢


日曜からSTNさんと下ノ廊下にいく予定であったが、天気がよくなさそうなため、
奥鬼怒の野湯に入りにいくことに変更。
野湯行であれば天気が悪くても景色を期待していくわけではないからよいかなと。

この日は朝からずっと雨。鬼怒川温泉駅前のみやげもの屋で日光誉と缶ビール
を買って女夫淵行きのバスに乗る。

バスの乗客には野湯行らしき客は見当たらない。湯沢林道入口の駐車場にも
車は停まっていない。広河原独占が期待できる。

雨の中、湯沢林道をいく。途中、野湯行の夫婦とすれ違う。広河原泊まりだった
とのこと。広河原は他に人いないとのことで安心する。


d0111124_2225356.jpg

湯沢林道入口


広河原手前で渡渉を強いられる。今年五月に来たときには掛かっていた橋が
流されている。仕方なく、裸足になって渡渉。水がむちゃくちゃ冷たい。

二度の渡渉で広河原到着。

d0111124_22262353.jpg

湯沢

d0111124_22273027.jpg

裸足で渡渉

テントを設営してさっそく入浴。気持ちいい湯音だが、ちょっと浅い。
軽く温泉工事を行い、残置ブルーシートを敷いて湯がたまるのを待つ。

湯がたまるまでテントサイトでビールを飲む。雨は降っているが、タープが
あるため外でくつろげる。また、二人ともヘクサライトチェア持参のため、
テントサイトは快適そのもの。湯上りに生ハムアボガドチーズクラッカーの
おつまみでビール飲むのは最高。クラッカーは絶対にクラコットでなくては
ならない。


d0111124_22291873.jpg

テントサイト


日が暮れると雨も霙に変わり、体がものすごい冷えてくる。

ヘッドライトで二度めの入浴。霰は雪に変わり、顔が痛いぐらい冷たいが、
体は温かい。かなり過酷な入浴であったが気持ちよかった。

テントサイトにもどってみると、タープに雪がたまって垂れ下がり、キャンドル
ランタンで真ん中に穴を開けてしまった。

外は寒すぎるため、お互いテント内に引きこもっての食事とした。
ソーセージをボイルしてアルファ米を食べて体が温かいうちに寝た。

朝起きてみるとびっくり。かなり雪が降り積もっていた。
今回、あまり高いところまでいかないためアイゼンを持ってきていない
ので帰り道が心配になる。


d0111124_22303640.jpg

朝目が覚めると雪

d0111124_22322536.jpg

テントサイトもこの通り


とりあえず心配より寒くてどうにもならないので、さっそく温泉へ。
朝から日光誉で雪見酒をやる。雪見酒、最高である。

何度か温泉に入ってのんびりしているうちに晴れてきたので、バリバリに
凍ったテント撤収し、帰ることに。河原はかなりの雪だったが、林道は
それほどでもなく、アイゼンなしでも余裕であった。


d0111124_2235168.jpg

湯船からの眺め

d0111124_22361181.jpg

湯船

d0111124_22365272.jpg

雪見酒

d0111124_22381888.jpg

帰路へ

バスの時刻より1時間早く林道入口に着いてしまったため、バスを待つ
間、寒くて辛かった。ポカリスウェットを暖めたのを飲んで、体を動か
してやり過ごした。

日帰り温泉によって体の硫黄臭を消してから帰るつもりだったが、
遅くなったのでやめにした。電車内ではかなり温泉臭発散していたと
思う。周りの乗客の方、ごめんなさい。
[PR]
by nari0000000000 | 2009-11-16 22:38 | 山歩き