「ほっ」と。キャンペーン

アウトドア日記


by nari0000000000
メンバー:Nさん、私
行程:
10月24日
 15:15麦草峠→15:45青苔荘
10月25日
07:30青苔荘→8:00白駒湿原→10:00稲子湯

d0111124_19553751.jpg


天気予報では曇り時々晴れということで期待していったが、
北八ヶ岳はあいにくの天気だった。

今回は焼肉をするため、茅野駅前のスーパーで食材を買い出す
予定だったが、駅前のスーパーには牛肉がなかった。
そのため、道に迷いつつ、駅からけっこう遠くのスーパーまで歩き牛肉、
豚肉、野菜、チーズなどを買って駅にもどる。
肉類野菜類を全てジップロックに詰め替え、いざ麦草峠へ。
晩ごはんが楽しみである。

麦草峠までのバスからみる車窓は紅葉まっさかり、赤や黄の木々が実に
綺麗かった。

バス停を降りて空気の冷たさに驚いた。夜、寝れるだろうか。
手袋をはめて出発し、30分で白駒池に到着。天気もあまり良くないし
寒いのでテント場は空いてるだろうと思っていたが、15、6張ぐらいか、
意外に混んでいた。

d0111124_19514819.jpg

麦草から白駒池

テントを設営し、米を水につけ、白駒池を散策。白駒池は静かなで
とても落ち着く場所だった。

池から戻り、飯を炊き、肉を焼く。トランギアのでかフライパン
大活躍である。小さい火でも充分に焼くことができ、燃料も全然使わない。
ばっちり焼肉できた。そして、予想していた以上に山焼肉うますぎた!
今回ワイン(TARAPAKA)を500ml持参したが、満腹だったし半分ぐらい飲んで
テントに入りすぐに眠る。星もでていたので明日の山行が期待された。

d0111124_1953259.jpg

焼肉

夜中強風の音で目が覚める。隣のサイトのNさんも強風に起こされた
ようだ。風に飛ばされないようテントの外に置いてるものを中にしまう。
張綱は3点だがしっかりしてあったし、相当な強風に耐えた実績のあるテントのため
大丈夫だろうと踏んでまたすぐに寝る。テントが洪水に流される夢で一度目が
覚めたのだが。

翌朝6時起床。依然、風はかなりの吹き荒れている。Nさんとお互いテントから
顔を出しての朝食とし、食べながら今日の予定を相談。そのうち雪も降ってくる。
にゅうに登る予定だったが、にゅう分岐点までいって天候優れないようなら登らず
そのまま稲子湯に下山することにした。

d0111124_19584178.jpg

悪天の白駒池

d0111124_19544492.jpg

雪の白駒湿原

出発。風も雪もどんどん強くなる。この天気のため人も全くすれ違わない。
天候は荒れてても樹林帯の中は比較的静かなため、快適に歩く。
にゅう山頂から降りてきた人とすれ違い挨拶、様子を聞くに「頂上はたって
いられない」とのこと。「勇気があるなら行ってくればいい」と言われたが、
勇気がないため下山。

しゃくなげ尾根からは雪が雨に変わる。今回雨は降らないものと踏んでおり、
防水でないトレランシューズで来たため靴の中はぐしょぐしょ。

雨風をしのげる場所があれば昼食とするつもりだったが、よい場所みつ
からないまま稲子湯到着。雨に冷えた身に温泉が気持ちよすぎた。

温泉から上がると雨がやんでいたので、稲子湯の前の林で日清焼きそばと
ステーキの昼食にした。昨日のワインも残っていたため充実の昼食だった。

d0111124_19563639.jpg

ステーキ

白駒池~にゅうは雪が降ってからまた訪れたい。雪の白駒池、たぶんかなりいいと
思う。
[PR]
# by nari0000000000 | 2008-10-27 19:56 | 山歩き
d0111124_23302628.jpg

涸沢カール


メンバー:Wさん、Nさん、私
行程:
10月11日
 14:20河童橋→15:00明神→16:00徳沢→17:00横尾
10月12日
 6:40横尾→7:50本谷橋→9:40涸沢
10月13日
 6:10涸沢→8:50中畠新道分岐→9:50徳沢→11:00明神→12:00河童橋

今回の目的は涸沢の紅葉をみながら鍋を食うことである。この三連休は
最高の天気に恵まれ、涸沢の紅葉もピークだった。またその中でうまい鍋を食う
ことができた。

d0111124_23524725.jpg

涸沢の紅葉


朝、駅に向かう途中にコンタクトをなくし出鼻をくじかれ、どうなることか心配だったが
最高の三日間を過ごすことができた。何より山で食う鍋は美味すぎた!

新宿で待ち合わせ、松本で食材を購入、松本からはコンタクトを買うため私だけ1時間ほど
遅れての出発となった。

松本のコンタクト屋は開店すぐから混んでおり、かなり待たされた。
待っている間に感じたことだが、松本は美人の街である。
店員にも客にもかわいい子が多かった。

遅れての出発だったので初日の目的地、横尾で先行の二人と合流と思っていたが、明神で追いつくことができた。途中で追いつけてよかった。食材は三人で分けて持っているため、
一人欠ければ鍋ができない。一緒に鍋をはじめれてよかった。

徳沢のテント場を見るに、横尾もかなりの混雑が予想されたが、混んでいるものの
三人一緒に広々とテントをはることができ、いい感じのテント村を作ることができた。

初日はすき焼きとし、小屋で買ったビールと持ってきた真澄を飲みながら舌づつみを打った。
山では何を食っても美味いが、ちゃんとした料理を食うのはなんて美味いもんなんだと思った。

d0111124_23322862.jpg

すき焼き


今回は日本酒をと思い、近所のスーパーをめぐってみたが、紙パックの日本酒
はどこもぱっとしたものがなかったため、松本なら長野の日本酒の紙パックがあるのでは
と思い、松本で買うことにした。そしたら案の定、松本には紙パックの長野のお酒が
いくつもあった。
東京で中途半端な日本酒を買ってこなくてよかった。山で真澄が飲めるのは幸せだった。

夜はかなり冷え込んだと思うが、よく食いよく飲んだのでまったく寒くなかった。
朝の気温は0度で結露が凍ってテントがガチガチになっていた。

次の日はいざ涸沢へ。途中の屏風岩ではクライマーがはりついていた。
よくあんなところ登るものだと思う。

d0111124_23415481.jpg

屏風岩


屏風岩あたりからの紅葉は実に見事で、穂高が見えてからはテンションも上がり
快調に歩いて難なく涸沢に到着。

d0111124_23432179.jpg

屏風岩近辺
d0111124_2344591.jpg

屏風岩近辺


涸沢のテント場はかなりの混みようで、まずは設営場所探しをした。
なんとか三人同じ場所にはれるところを見つけて設営し、涸沢ヒュッテのテラス
で昼めしとした。

昼めしは生ビールとヒュッテ名物おでんと日清焼きそば2人前。満腹になった。
ヒュッテからの景色も素晴らしかった。

d0111124_23452512.jpg

涸沢ヒュッテのテラスから


北穂か奥穂に登るつもりだったが、お昼をゆっくりとり、往復すると日没近くになる
時間だったので、登るのをやめにし涸沢でのんびり明るいうちから鍋とした。

この日の鍋はキムチ鍋。スープは大阪の鶴橋のやつだったが、むちゃくちゃ
美味かった。前日のすき焼きを越える出来だった。

d0111124_23461798.jpg

キムチ鍋

たらふく食べたが、さすがに涸沢は寒く、明け方何度か目がさめた。気温はみてないが
マイナス2、3度ぐらいか。
最終日はパノラマコースで下山。途中、渋滞もあったが横尾谷のコースよりは
空いていたのではと思う。河童橋近くの流れではイワナがたくさん泳いでおり、
ライズしていた。虫もけっこう飛んでいた。釣り禁止なので相当イワナがいそう。

d0111124_2347211.jpg

朝日の穂高
d0111124_23475424.jpg

河童橋近くの梓川支流


沢渡で天ざるを食って、温泉に入って帰路へ。

もう一回ぐらい秋山で紅葉テント泊したい。11月の奥多摩かな。
[PR]
# by nari0000000000 | 2008-10-15 23:33 | 山歩き

怖い女

山でも川でもないのだが、、

今日、仕事での客先帰り、社内打合せをしようと駅前のコーヒーショップへ。
3人でノートパソコンを見ながらああでもないこうでもないと言ってい
ると、後ろの席でこちらをちらちらみては、にやにやしたり、うなづいてる
女が。歳は30ぐらいで、小太りの女だ。こちらも気になって、ちらと伺う度に目が合う。

そんなに頭がおかしそうというわけでもないが、なんだかやな感じで、
こちらも気になっていた。

1人は帰ることになりひと段落したし、その女もいるというこで、ファミレスに移動し
続きをやることにした。

ファミレスに到着し、「あの女なんなんだろうね」「ここにも来たらびびるよね」
とか冗談言いながら、笑っていたが、そのうち打合せに没頭していた。

そして、ちょっとさっきの冗談のことが気になり、となりを見てみると、その女が!

まさかと思い、前の席の同僚に小さい声で「どう思いますか?」と聞いてみるが、
確信はもてない様子だった。

それから5分ぐらい気にしないようにして打合せを続行し、またちらっとみて
確信した。その女はこちらをすごい形相でにらんでいる。

僕は鳥肌びっしり、戦慄が走った。そっこうこの場を離れましょうと同僚に促し、
パソコンはシャットダウンせずに閉じ、会計を済まして駅へと急いだ。

同僚もこちらを見てにやにやしてるところを見て確信したそうだ。

駅を変え、同じファミレスにいって打合せを続行しようとしたが、地に足がつかない
、なんだかふわふわした感じだった。なので仕事はやめにし、ビールを飲んで
帰ってきた。ビールを飲んでだいぶ落ち着いた。
もし、この店でもあの女が出現したら、会計どころではない、僕らは食い逃げして
いただろう。

それにしても怖かった。なんなんだあの女!

これだから世の中はいやだ。登山や釣りだけをして生きていたい。
[PR]
# by nari0000000000 | 2008-08-26 02:48 | 雑文

2008年夏黒部源流域

メンバー:Tさん、私
行程:
【1日目】
折立→太郎平→薬師沢出合

【2日目】
薬師沢出合→大東新道→高天原峠→高天原

【3日目】
高天原→雲ノ平→薬師沢出合→薬師沢→太郎平

【4日目】
太郎平→折立

今年の夏休みは釣りと山歩きを兼ねて黒部源流域に行ってきた。
2年ぶりの黒部である。2年前に黒部で知り合ったTさんとの同行で、
かなり前から計画し楽しみにしていた。

【1日目】

d0111124_22285240.jpg

三角点近くから望む有峰湖

山入り最初の数時間はやはり息が上がるもので、かなりゆっくりなペースで歩いたが、
折立から太郎平までの急坂はきつかった。

息は上がるものの、天気は快晴で、高山植物もたくさん咲いており、苦しいながらも
楽しんで歩けた。

d0111124_22305989.jpg


d0111124_22322514.jpg


太郎平に着いた頃には汗だくで、冷えたビールがうまかった。

太郎平で軽めの昼食を早々に済ましいざ薬師沢へ。沢の音が聞こえ出すとついつい急ぎ足になる。
沢音が大きくなるにつれ自然と頬も緩む。たぶん相当にやけながら歩いていたのではと思う。

太郎沢から薬師沢小屋までのカベッケヶ原の木道は本当に景色が素晴らしい。
薬師岳は山頂もくっきりと見え、快調に歩く。
カベッケとは河童のことらしいが、河童が住んでいてもおかしくない雰囲気で、夕方なんか
歩いていて河童が出てきても大して驚かないのではと思った。

d0111124_22342647.jpg

カベッケヶ原

d0111124_2235969.jpg


d0111124_22361550.jpg


予定より随分早くに薬師沢出合いに到着。初日はほとんど釣りができないと思っていたが、
2時間ぐらい釣りができそう。
本流で竿を出し、たたいてあがる。イワナは瀬に着いており、ここぞというところでは
だいたい出てくる。型はあまり大きくなかったが、やはり黒部イワナはヒレピンで引きが強く、
充分に楽しめた。

だいたい山入り初日は興奮して眠れないものだが、この日は相当疲れていたらしく
すぐに眠れた。

d0111124_20291279.jpg

黒部川本流

d0111124_2238915.jpg

黒部イワナ

【2日目】
大東新道から高天原へ。この日の目的は某谷での釣りと、なんといっても高天原温泉である。
高天原温泉は何年も前から地図をみてはどんなところかずっと気になっていた。

黒部川沿いの大東新道を歩くのは面白かった。軽いへつりもあり、ジャングルみないなところ
もあり変化に富んでいた。

d0111124_2240452.jpg

大東新道中

d0111124_22403299.jpg

大東新道中

A沢あたりの川べりで朝食を採った。メニューはドライ食品のなめこ汁とマーボ春雨丼
である。
Trangiaの飯盒ではじめて米を炊いた。マーボ春雨もこの飯盒も前回の南アルプス山行の時に
Wさんから教わったものだが、マーボ春雨は軽いし手早く調理できるし、ほとんど
山岳食品といえる。Trangiaの飯盒はかなりうまく米が炊ける。これからの定番になりそうである。

d0111124_22425479.jpg


目的の谷ではすぐに1匹釣れたが、その後どうも反応がよくない。少し進んだら先行者
がいたので納得。仕方なく釣り下がるが案の定、全然釣れない。

釣ったイワナは今まで見たことない色をしており金色に近かった。Tさんが釣ったのもそうだった。
めずらしい色のイワナを見れただけで満足だったし、雷が鳴り出し雨も降ってきたので、早々に竿を終い高天原にいくことにした。

d0111124_2245683.jpg


高天原山荘までの道中はものすごい雨だった。山荘に着いて、まずは服を乾かしつつ、
ビールを飲みつつ、雨が弱まるのを待った。

雨が弱まり、念願の高天原温泉へ。山荘からしばらく歩き温湯沢に出るとすぐに
温泉の掘っ立て小屋が現れた。外観からして秘湯の趣がある。

d0111124_22474424.jpg


d0111124_22491456.jpg


湯温も程よく、疲れた冷えた体がじんわりほぐされた。気持ちいいとはこのことだった。
ここに来るまで道中釣りをしたものの丸2日、よくここまで来たものだと湯に浸かりながら
改めて実感した。

d0111124_22494827.jpg


【3日目】
この日の行程は実に長い。高天原から雲ノ平、薬師沢である。雲ノ平周辺の庭園歩き
もずっと前からしたかったことのひとつだ。

あいにく庭園歩きは終始ガスに包まれ、視界がきかなかった。それはそれで幻想的な
雰囲気で、あの世な感じがしてよかったのだが。

快晴の雲ノ平周辺は相当素晴らしいものだと容易に想像できる。絶対再度訪れたいと
思った。

歩行中はずっと雲ノ平山荘で1年過ごすことができたらと妄想していた。
僕が今まで行ったことのある山小屋で、ここが一番のロケーションだ。

d0111124_22504529.jpg

雲ノ平

薬師沢に着いた頃には、ずっとぐずついていた天気もすっかり晴れた。

これからの釣りがかなり期待できる。薬師沢小屋で昼食を採り、さっそく釣り上がる。
来るとき渇水気味だった沢だが、一通りの雨で程よい水量となり、気温も上がった
ことから期待通りの爆釣。虫も飛びまくっていた。

d0111124_8121484.jpg


#12のテレストリアルに5Xのティペットで釣っていたが、一度優に尺は越えていると
思われるのを掛けて、ぐっと潜られ、ぶちっと切られた。有無を言わせぬ感じだった。
さすがに5Xなので、そう簡単に切られるものではないから、たぶんティペットが
傷んでいたのだと思う。

問題は魚にフライがついたままだということだ。返し針なので自分で針を外すことが
できず、おそらく死んでしまうだろう。こんな綺麗な川の大きな貴重な一匹を殺して
しまったことになる。食べる分に殺すには感じない罪悪感もこの時ばかりは強く感じた。
これからはばらしが多くなってもいいから針はバーブレスに変えようと思う。
それにしても釣りたかった一匹だ。実に悔しい。

その後続く釣りは面白いの一言だ。フライに飛びつき勢い余って飛び出す魚や、
釣れた魚を追いかけてくる魚もいた。ライズがあれば必ず釣れた。Tさんは浮遊している
魚も釣れたと言っていた。こんな経験はなかなかできない。この川はずっとこのままで
あってほしいと願うばかりだ。

d0111124_2251741.jpg


d0111124_8115898.jpg


時間を忘れて釣りをしていたため、太郎平に戻るのにかなり差し迫った時間になった。
おまけに雨も降ってきた。急いで林道にあがり、太郎の急坂を登った。今回の山行、
今までの山行でも5本の指に入る苦しさだった。

太郎平小屋でビールと日本酒を買い、テント場で宴会をした。山で日本酒を飲むのは
はじめてだったが、いやはやなんとも、美味すぎた!全身に染み渡るものだった。

【4日目】
最終日のこの日は帰るだけだったのでゆっくり寝た。目が覚めると完全に日は昇っており、
テントから出てみると快晴で素晴らしい展望だった。

d0111124_8131015.jpg

太郎平のテント場

昨日濡れたものを干していると、Tさんも起き出し2人で朝食とした。Tさんからもらった
おしるこがむちゃくちゃ美味かった。

太郎平小屋からは薬師岳の稜線がくっきり、最後にいいものを見せてもらった。

d0111124_8132966.jpg

太郎平テント場から小屋への道

d0111124_8134265.jpg

太郎平から薬師ヶ岳

折立までは一気に下山。たぶんコースタイムの半分以下だったのではないかと思う。

帰りに白樺ハイツの温泉に立ち寄った。気持ちのいい湯だった。気持ち良すぎたのか、
脱衣所に帽子を忘れてきてしまった。

富山の市街に着き、不二軒という洋食屋でたらふく食べて帰路についた。来年も最後
はここで締めくくるだろう。

今回は景色にも釣果にも恵まれ、充実の山行だった。歩いた距離からしても
かなりの達成感がある。

こんなことを言うのは少し恥ずかしいが、大自然があり、良い釣り仲間や山仲間が
いることはかけがえのないことだと思う。

今日から仕事であるが、まだ現実にうまく馴染めていない。
[PR]
# by nari0000000000 | 2008-08-17 22:51 | フライフィッシング

二上山

日時:2008年1月3日(木)
天気:晴れ
メンバー:単独
行程:14:30当麻寺駅→14:40當麻寺14:50→16:00雌岳(昼食)16:30
→17:00二上山登山口

d0111124_19523083.jpg

雌岳山頂

正月は実家に帰省したが、ずっと飲んで食ってばかりだったので運動をと思い、
実家から一番近い山である二上山へ。

二上山へ登るのは小学生のとき以来だが、ルートも頂上からの展望もまったく記憶に残って
いなかったので新鮮だった。

雌岳山頂で自作の弁当を食べてコーヒー飲んでのんびりしてたら日も暮れかけてきたので、
雄岳には行かずに下山した。

下山後、太子温泉に寄ってみたが混んでそうだったので、入らず家に帰った。

こんな短い登山でもやはり帰ってからのビールは格別美味かった。
[PR]
# by nari0000000000 | 2008-01-07 22:25